脱毛を選ぶわけ

脱毛するという時は、毛の構造を理解して毛周期に沿って肌・皮膚などを傷つけずに毛根から抜く、ということが重要なポイントとなります。

脱毛とはどんなものか

脱毛とは一言でいうと毛が抜けることで、髪の毛の脱毛が激しくて困っている人もいれば、体毛が気になって自分で脱毛する人もいます。

特に女性は身だしなみとして体毛を処理する方が多いですね。

脱毛のセオリー』によるとこのムダ毛を処理するというのは今だけでなく、かなり昔からおこなわれてきたようです。

体毛というものに対する考え方は今も昔も大きな違いはないのかもしれませんね。

さて、現在のムダ毛を処理する方法ですが、カミソリで剃ることや脱色クリームを塗るなどして目立たなくすることもあるのですが、究極の処理方法として脱毛する方法が取られています。

毛は普段見えている部分である毛幹と、皮膚の中にある普段は見えない毛根からできております。

その毛根から毛を抜くことが脱毛ということになります。

毛根の一番下の部分には丸く膨らんだ毛球と呼ばれているものがあり、その中に毛母細胞と呼ばれる毛の生える元となる部分があります。

その中心の毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで毛を生やす指令を送っています。

毛が伸びる時期の成長期、伸びるのを止める退行期、完全に毛細細胞の活動が止まって自然に毛が脱落する休止期という周期が繰り返されているのです。

脱毛するにあたっては、その毛周期に沿ってすることが最良の策となります。

また部位やその人その人で体毛の多さや周期が違いますから注意しましょう。

成長期にいかに上手にその人の体質にあった脱毛をするのか、いかに周期を乱さずに肌・皮膚などを傷つけることがないようにできるのかが重要なポイントとなっています。

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.